KUJIME

KUJIME Dr.K+ FUSICA CREAM

幹細胞が産み出す成長因子群が再生力を呼び覚ます。

最新の再生医療技術から生まれた美容クリーム

再生因子(歯髄幹細胞培養上清)を配合し、加齢によるシワやたるみを脳に働きかけて再生する次世代幹細胞クリームが誕生しました。

「美容以上」「医療レベル」世界特許成分クリームをご体感ください。

おススメ
加齢によるシワやたるみが気になる方へ
使用感
伸びが良い塗り心地 / なめらかでしっとり感が強い
容量
35g
香り
無香料

KUJIME Dr.K+ FUSICA CREAM

【販売中】

・35g・送料無料

多くの商品が医療廃棄物を使用⁉

結果が伴うコスメとして一大ブームを巻き起こしたヒト幹細胞ですが、そのほとんどが脂肪幹細胞を使用しています。それは誰の物だかわからない、どんな疾患を持っているかもわからない脂肪吸引等で採取された、いわゆる医療廃棄物なのです。

KUJIMEは、安全な不死化歯髄幹細胞を採用し、もっと幅広い人々にドクターズメゾンをお届けしていきます。

~最新の美容医療~

立つ座ると同じように、シワやたるみを修復する指示を信号を送るように脳に働きかける不死化歯髄幹細胞に着目

『不老不死』の特許技術 不死化とは?

人間は傷口が自然と治るように自己再生できる機能を持っています。

その再生因子に着目し、不死化幹細胞はクローン細胞のように同じ再生因子を無限に培養できる技術が不死化です。エリート幹細胞を発見し培養しているのでもう乳歯を取る事なく培養し続けられる技術が不死化です。

歯髄幹細胞(しずいかんさいぼう)の利点

再生医療のために幹細胞を採取するのは、臍帯血(さいたいけつ)や骨髄(こつずい)からが一般的でした。
しかし、骨髄から幹細胞を採取するのは時間も体力も必要になるため、ドナーとなるのにはためらう人も少なくありません。自然と生え変わり今まで捨てていた乳歯は負担が少なく簡単であり、理想的な細胞ソースと考えられています。

レセプターがあります!

「細胞の活性化」とは細胞の表面には、特定の形をしたカギ穴(レセプター)があり、そのカギ穴にピッタリ合うカギ(リガンド)となる物質が結びついて、はじめて活性が始まります。

つまり、カギ穴に当てはまるカギをさしてあげないとエンジンが掛からないのと同じで、植物由来の幹細胞コスメには、抗酸化作用やうるおいを与える効果があるといわれていますが、そもそも植物の細胞にはレセプターとリガンドの仕組みはありません。

この命令伝達を脳に送る事にKUJIMEは着目しました。

エビデンス(工場/東京医科大実験結果データ)

不死化歯髄幹細胞培養液は、エイズや肝炎を含むウィルス・細菌に感染していない健康な女性ドナーの歯髄を採取し、その中から取り出した幹細胞を培養して抽出します。

幹細胞の培養はクリーンルームで行われ、その取り扱いはクリーンベンチの無菌状態下で行われます。
また、医薬品レベルの安全検査が実地されています。生産過程において何度もウィルス・殺菌感染のスクリーニングテストが行われ、さらに最終工程では全数無菌検査を行い、合格した製品のみ出荷しています。

とにかく保湿にこだわりました。

FUSICA CREAMは保湿に重点を置き、回数を重ねて使えば使う程にレセプターに働きかけながらアンチエイジングに導くよう、朝も夜も使えるように処方にしました。油分の配合は何度も試作し幅広い世代にテストをしました。なめらかで使いやすいテクスチャーです。

セラミドやコエンザイムという保湿成分に限ってはリポソーム化をし、より肌に届きやすい処方を組んであります。

シミ、シワ、たるみ、くすみ、毛穴の開き、肌荒れなど悩みは増えていきます。回数を重ねた保湿を大切にし乾燥から肌を守る事が重要と考えています。

HOW TO USE

Dr K+ FUSICA CREAMに含まれる不死化ヒト歯髄幹細胞の魅力を最大限に引き出す秘訣は、少量を鼻の頭を中心におでこ、頬・顎と5か所に配置し、お肌を摩擦しないように少しずつ優しいタッチで伸ばしていきます。

顔全体に伸ばしたら、両手で顔を包むようにハンドプレスすると、手のひらによってクリームと肌が温められ、クリームの浸透力が高まります。

お使いのスキンケアアイテムの最後に+してください。

ページ上部へ移動